遺言

上尾市で遺言を作成するなら、相続お悩み相談センターにご相談ください。

遺言は、もめない相続、円満な相続を実現するために、とても有効な制度です。
遺言がないことで、故人様の想いが正しく伝わらないという状況がおこります。結果、相続手続きの際に必要となるご家族間の協議でもめてしまったり、遺産の調査や手続きに時間、コストがかかってしまったりします。
遺言は、これらの問題点を解消できる法的な仕組みです。私たちは相続の専門家として、円満な相続を実現するためには、まずは遺言を作成することを強くお勧めします。

遺言の基礎知識・サポートについて

遺言作成サポートの料金

自筆証書遺言
 55,000円~

公正証書遺言
 77,000円~

証人立ち合い
 11,000円/名

遺言執行サポート
 相続発生時の遺産評価額の1.1%

※料金はいずれも税込

遺言書の種類

一般の方が主に利用する可能性がある遺言書の種類としては以下のものがあげられます。

・自筆証書遺言
・公正証書遺言
・秘密証書遺言

公正証書遺言は生前、公証役場で作成した遺言書であり、公的に保証された遺言書です。

公的に保証されていますから、それ以上の手続きは必要ではなく、そのまま相続登記やそのほかの相続手続きに利用できます。

当事務所では、安全性や様々なリスクの面から、公正証書遺言の作成をお勧めしております。
自筆証書遺言は生前、被相続人が自書した遺言書で、この場合、家庭裁判所で検認という手続きが必要になります。
検認が終わると証明書がもらえるので遺言書と共に相続登記などの手続きに利用します。
秘密証書遺言は、公証人や証人の立会いのもと、封印した遺言書を提示する方法で作成するもので、遺言書の存在は明らかにしておきたいが、内容は秘密にしたい場合に作成するものです。

ただし、検認の手続きは必要になりますので、相続人から見たら自筆証書遺言とあまり変わりありません。

上記のうち、公正証書遺言と秘密証書遺言は公証人が関与する点で費用がかかりますが、自筆証書遺言は公証人の関与がないので費用はかかりません。
自筆証書遺言は、ご自身で簡単に作成できる反面、遺言の形式に不備があったりなどの理由で遺言自体が無効となるリスクもあります。 (秘密証書遺言についても公証人が中身レベルに関与してないため、同様に無効となる可能性があります。)

当事務所では、内容・形式の両面から、自筆証書遺言を含めて遺言書に関する相談を承っております。

どの種類の遺言書を作成するかについても、それぞれのご事情に合わせて、メリット・デメリットをご説明したうえで、アドバイスいたします。
遺言内容については、ご本人様のご希望を最大限に尊重した文案を作成いたします。
是非一度ご相談ください。
遺言書を作成しておくことは、相続人間のトラブルを未然に防ぐうえで非常に有効な手段となります。
なによりご自身の希望に沿う形で財産を分けることができ、また相続が発生した際には、相続人全員の一致が必要となる遺産分割協議が不要になります。

例えば、ご夫婦に子どもがおらず、夫の両親も亡くなっている場合で、財産をすべて妻に残したい、兄弟には渡したくない、と希望するケースなどでは、遺言書を作っておくことにより、ご希望が実現できる可能性が高くなります。 「たいした財産も無いし遺言書までは」「うちの親族に限って争いなんて…」そう思われる方も多いと思います。しかし当事務所が事案を通して見てきた限りでも、やはり相続人間での争いは絶えることがありません。 それが原因で親族と絶縁する、という悲しい話もあります。

当事務所では、無用な争いを避けるためにも、遺言書を作成する事は有効かつ大切な行為と考え、それぞれの方に適した遺言書の作成方法についてご案内いたします。

web上でのお問い合わせは24時間受け付けており、事前のご予約により時間外でのご相談にも対応できます。フットワークの良さが自慢の事務所として、県内はもちろん、案件内容に応じて県外への出張も行えますのでぜひ一度ご相談ください。ご相談のみであれば無料ですので、ご依頼前の費用の心配はございません。ご依頼いただいた際にも安心明瞭な費用体系にて、上尾市エリアでお困りの皆様のご負担を少しでも軽減してまいります。

事務所には相続に関して豊富な知識と経験を持つスタッフが揃っており、在籍する行政書士や、他仕業などとの連携により一貫してご支援できるワンストップサービスをご提供いたします。今後も地域密着でお客様に寄り添いながら、信頼と実績を重ねていけるよう努めてまいりますのでご期待ください。多くのお客様の安心できる未来を心から願っております。